スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    author:スポンサードリンク, category:-,
    -, -, - -
    絵本の世界
    0
      JUGEMテーマ:美術鑑賞

      本日はibuちゃんに誘われて、西宮にある大谷美術館へ

      ボローニャ国際絵本原画展を見に行ってきました


      その名のとおり、各国の絵本作家さんたちの描いた原画がたくさん

      思わず作品集を買ってしまったくらい素敵でした




      結構大人も楽しめるようなシュールなものとかあったり
      (あえて子供には見せないかも…でも見せたら世界観広がりそう

      私的には特にコラージュが面白かったかな〜

      写真や紙やいろんな素材を切り張りして繋ぎ合わせて、
      その上から絵を描いたり文字を書いたり・・・・

      いいな〜コラージュしたいな〜

      やりたいこと増えました


      絵本は…いい題材が見つかったら描こうかな


      こうしてみると絵本て面白いですね

      まず絵が気になって手に取ると、
      覚えているのはストーリーより絵の印象が強く残る

      私もこのパターンですが(笑)


      または題名が気になって手に取ると、ストーリーの方が頭に残る

      同じ絵本を見ても残るものが変わってくる

      「この絵本をどう思う?」って聞くと、きっといろんな反応があるんだろうな・・・・


      きっと絵本を描いてる人は、感想とか聞けたら嬉しいんでしょうね

      なんかちょっと映画の世界にも似てるかもしれませんね



      author:Yoko, category:Art, 23:07
      comments(0), trackbacks(0), - -
      素敵なグループ展inラインの館
      0
        JUGEMテーマ:グループ展

        神戸北野にある異人館『ラインの館』にて
        cocoroさん、eriさんによるグループ展を見に行ってきました

        とても素敵な展示会だったので、ご紹介します

        『Calm notice 掘戰ーム・ノーティス第三弾

        『Calm notice ?』

        cocoroさんの絵・・・いやアートの世界には驚きです

        小さなものを一つ一つ描き、切り抜き、形作る。

        仕掛け絵、宙に浮かぶ絵などたくさんのアートが広がっていました


        eriさんの絵はとても綺麗で瑞々しい表現がとても素敵です

        ibuちゃんと何度も「綺麗だな〜、特に女の子の唇の潤いが」と夢中に(笑)

        『言葉では伝えきれない何か』を込めた絵や、ものを製作していますと
        ホームページにて紹介されていました。

        絵を一枚一枚大事に描いてらっしゃるのが伝わってきます。


        お二人とも丁寧で、細部までこだわってらっしゃるところがすごい!

        「ここまでするべきなんだ、私も頑張らないと」と改めて思わせて
        いただきました。


        お二人のグループ展は、20日まで開催しているそうです。


        author:Yoko, category:Art, 23:25
        comments(0), trackbacks(0), - -
        ハンス・フィッシャーの世界展
        0
          JUGEMテーマ:美術鑑賞

          ibuちゃんに誘われて一緒に行ってきました
           

          「ブレーメンのおんがくたい」「こねこのぴっち」「ながぐつをはいたネコ」などの

          有名な絵本作家さんです。
           
          1度は耳にしたことありますよね?
           
          こねこのぴっち「こねこのぴっち」



          ブレーメンのおんがくたい「ブレーメンのおんがくたい」



          私は絵本を読んだことがなかったけど、逆に新鮮で楽しめました
           

          第一印象は、

          「日本人にはなぃ独特の色使いと自由度の高い絵だなぁ」
           
          子供のための絵本とはこぅ描くべきだという

          概念的なものが全然ない。


          自分の子どものために描き下ろしたそうですが

          明らかにご自身も楽しんで描いているのが伝わってきます。

          スイスという土地や生活も穏やかで

          たくさんの生き物と触れ合っていたのかなぁ


          展示は絵本を読むように

          絵と本文が並べられていて

          絵本4冊くらい読んだ感じです。


          ほんとにibuちゃんとフフっと笑いながら楽しく読ませてもらいました。




          伊丹市立美術館も独特な趣の建物で、一見中は小さいのかな?

          と思って入ってみたら別館もあり、昔と現代建築が共存するステキな美術館でした。


          美術館近辺も情緒があってフラっと観光にはいい所です。

          また機会があれば伊丹行きたいなぁ
           





           
          author:Yoko, category:Art, 23:20
          comments(2), trackbacks(0), - -
          RSS | ATOM | SEARCH